2007年01月30日

★夕暮れの中★

いつもの場所に来た。
川添いにある小さな公園。

草は淡々とあちこちに生えている。どこにでもあるような公園だ。

空はいつもオレンジだった。

あったかい夕暮れの中。ブランコに揺れながら。時間が流れるのをただ待っている。

景色もゆっくり流れてゆくように見えた。




「.....。サエ...。」




遠くの広場で子供達が.かくれんぼをしているように見えた。

小さな体で一生懸命に走ってる女の子の姿が見えた。...体をうずくまり.鬼に見つからない、ように隠れているのだろう....。


女の子は僕のほうを見て

「シーッ」

と指で合図をしていた★こっちも鬼に見えないよう女の子に指で合図を送った。

優しい笑顔で「ありがとう」といっているように思った...。



流れていく時間と、悲しい現実...。



「もう、僕は前に進んでも、いいよな?.......サ....エ.....。」




女の子は鬼にみつからないように隠れている....。

僕は泣いてるのを見つからないように隠れている....。




夕暮れの優しい光りは、あの頃と変わらず、僕を包んで、いてくれた。


Posted by サトラレ at 20:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。