Posted by at

2007年02月02日

★散歩..★

時計は、23時をまわった所だった..。


相変わらずのペースで、お酒を飲んでいたため、僕たちは、かなり酔っ払っていた..。



「ちょっと煙草かってくるわー。」



ゼンチャン:「ん?いいよ。いいよ。俺が買ってくるよ。」



「いやいや、いいよ。散歩がてら、行ってくるから。」


サトシ:「俺の煙草も、買ってきてくれ〜」


「その煙草、........中々、売ってないよなー。..........違うのじゃ駄目?」


サトシ:「だめ!それ以外、煙草と認めん!釣りはやるけー。よろしく♪」


そういってサトシは★1万円★渡してくれた..。



《サトシの吸う煙草は、普通の自動販売機には、中々売ってないけーな.....それにしても、そうとう、酔っ払っとるな....。多分千円札をだしたかったんだろうなー。お釣りは..........♪ちゃんと返そう★」





店をでて、5分くらい行った所に、煙草の自動販売機が、あった。


かなり酔っていたけど、自分の煙草は、すぐに見つけることができた..。



「あとは...サトシの煙草かぁ〜。」


ここから少し歩いた所に、居酒屋が並んでいる通りがあるので、、そこに多分、サトシの煙草が売ってあると思い、僕は、街の中心の方へと歩いた。




たくさんのネオンが街の中、全体を照らしている 。この場所は、この先、何年も変わらず明るい景色なんだろうと思いながら歩いていた..。






あちこち探し歩いたが、中々、その煙草が見当たらなかった..。



「売ってないな〜。..................あ、そうだ!あそこには、あるかもしれない!!」




そういって僕がむかったのは、この道から一本外れた、路地の片隅にある自動販売機だ...。

酔っ払ってて、思い出すのに、時間がかかった。




「やっぱり..............あったーー♪♪♪ありがとう♪♪♪♪♪♪♪」


僕は子供のような笑顔と大きな声で、自動販売機に感謝した。



「ふぅ。やっと帰れる..。疲れたー。はぁ〜。遠い...。」


この場所は、あまり光りが当たらないせいか、ただ酔っ払ってるのか、
視界がぼやけていて、まっすぐな道路さえ、迷路に見えた....。










《ドンッ!》










《???》




前から誰かが、ぶつかってきた..。



{す、すいません。大丈夫ですか?.ハァ..ハァ..ハァ...今、変な人に追われてて.....。}




暗くて顔が確認できなかったが声で女の人だと、わかった...。




遠くの方から、誰かが、こっちに向かって走ってきてるのが微かに見えた....。





「........後ろに隠れて...。」




{は、は、は.い.....。}









「ナイフか.....。」



一瞬、暗闇の中、光りを見せた形。それが、すぐ凶器だと、気付いた。


だけど、あまりにも酔ってたため、この人を助けれるか、どうかは、わからなかった.....。  


Posted by サトラレ at 20:15Comments(1)